in 国内旅行一般

指紋認証でホテルのチェックインや支払いが可能に

訪日外国人旅行者の受け入れで指紋や手のひらの生体認証を活用した決済や旅館・ホテルのチェックインが開始されるそうですよ!キーレス・ペイレス(鍵や支払いが不要)になる時代はもうすぐやってきます。旅もいろいろと進化し続けていますね!

日本政府は2020年に訪日客数4000万人、そして消費額8兆円などを目標としています。それを達成するために、サービス事業者同士が連携して質の高いサービスを提供する仕組みを構築することが目的だそうです。

具体的なサービス内容:(訪日客同意必須)

買物
飲食
宿泊
レジャーなど

必要な個人情報を共有・連携し、生体認証などによる手ぶらでの決済やホテル・旅館のチェックイン、体験プログラムの参加などのサービスを提供します。また、これらのサービスの他にもスマートフォンへの情報提供などを実施し、これを行うことによって、あらかじめ登録した言語でのサービスが受けられたり、宿泊先や自宅の住所登録をしておくことで、毎回の記載する必要がなくなります。そして、荷物配送サービスを受けることも可能となるようです。

これがうまくいけば初めて日本を旅する人でも心配せずに身軽に旅を楽しめると思います。ただ、人と人とのつながりが薄くなってしまうような気がしますが、これも新しい「おもてなし」の形なのかもしれませんね。

また、サービスを提供する側も訪日観光客の行動や購買履歴を入手することができるため、これらの情報を分析し今後の戦略に役立たせることができることでしょう。新しいサービスを開発するにはとても重要な要素だと思います。

このサービスはまずは関東、関西、九州の3地域で実施する予定です。関東はJTBコーポレートセールスなどによる指紋認証を活用した「Touch & Pay」を利用し、関西はパナソニックグループなどによる手のひら認証の仕組みを利用し、九州(福岡)ではJTBが委託を受け、NTT、JCB、ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)と共同で各種実証が行なわれるそうです。

実証実験は神奈川県湯河原町、箱根町、鎌倉が対象ですが、すでに三重県菰野市(こものし)を含む4地域で試験運用を実施しているそうで、順次全国への普及に向け取り組んでいるようです。また、国内のメジャーテーマパークや大手ホテル、銀行でも導入されており、システム改善も進行しているとの情報もあり、このサービスは私たちの知らない間に進んでいるようですね。

訪日客がどれだけ指紋生体認証を利用したいと思うのか分かりませんが、日本の旅をもっと快適にすることができるのであればこのサービスの導入はとても素晴らしいことだと思います。ただ、この指紋認証がどれだけ安全なのかに関する情報があまり見当たらないので、試験運用の結果と併せてこのサービスの安全性についても詳しい情報を開示してもらいたいですね。

▼facebookページ  (「いいね!」をクリックしてください^^)

https://www.facebook.com/TempGrab-1618447911779981/

 

Written By:

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *