in Airbnb国内情報

大阪府・大阪市・北九州市 2泊3日の特区民泊が1月1日からスタート!

ついにこの日がきましたね。大阪府・大阪市では昨日1月1日から2泊3日の特許民泊がスタートしました。北九州市では同日から特区民泊の申請受付を開始しました。新年早々、民泊に動きがありましたね!

一般住宅の空き部屋に旅行者らを最短2泊3日で泊められる「民泊」事業が2017年1月、大阪府・市と北九州市で始まる。政府が16年10月に国家戦略特区で認める民泊の宿泊日数の要件を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に緩めたことに対応する。国内を周遊する外国人ら短期滞在者も利用できるようにすることで、民泊事業への参入を促す。

日経新聞の上記記事によると、民泊の最短滞在数が6泊7日以上から2泊3日に規制がゆるくなったことがわかりますね。この規制緩和は民泊ホストにとってとても助かります。通常日本に観光で来る方は一つの都市に3泊以上滞在しない傾向があると思いますので、この変更はホストにとってもゲストにとっても大きな意味があると思います。これでゲストも大阪や北九州市にさらに滞在しやすくなりますね。

北九州市では既存のホテル、旅館との役割分担や補完が期待されているそうです。また、法律上、ホテルや旅館を建設できない郊外の住宅地でも民泊運営が可能となると見られています。

「自然体験」と「地域住民との交流」をテーマに郊外の街もにぎわうように今後もいろいろな対策をとる北九州市。

日本のほかの地域も今回の事例に見習い、民泊をもっと前向きに取り入れていく体制を整える必要があると私は感じます。2020年の東京オリンピックまであと3年。まだまだ宿泊施設不足の問題は解消されていません。一人でも多くのゲストが海外から来てくれるようにオリンピック開催国・日本は迅速に適切に対応していく必要があります。

2017年も民泊はいろいろなドラマを展開することでしょう。これからも引き続き民泊の動向に目を向けていきたいと思います!

facebookページ  (「いいね!」をクリックしてください^^)

Related Posts

Written By:

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *