in 日本の雑学

「ブラックフライデー」のイメージはポジティブ?それともネガティブ?

アメリカのクリスマス・年末商戦の開幕となる大セール「ブラックフライデー」について日本ではどのようなイメージがあるのでしょうか?

ブラックフライデーとは、アメリカの感謝祭翌日の金曜日に行われる大規模なセールです。クリスマスや年末商戦の幕開けイベントとも言われていますね。ブラックフライデーのセールによって小売店には大きな黒字をもたらすことから、「ブラックフライデー」と呼ばれるようになったそうです。

ブラックフライデーは1年で最も売上が見込める日ともいわれているのですよ!「ブラック」と聞くと悪い、暗い、不吉などネガティブなイメージを持つ方もいらっしゃるようですが、ブラックフライデーは全く違うのでこの機会にブラックフライデーの内容を知っていただきたいと思います。

ちなみに20〜60代の男女1000名にアンケート調査したところ、日本でブラックフライデーを知っている人は84%、そのうち内容まで知っている人は31%だったそうです。しかも、ブラックフライデーにちなんだセールで買い物をしたことがある人は9%しかいなかったそうです。日本でブラックフライデーが定着するまで時間がまだまだかかりそうですね。

イベント好きな日本人にとって「ブラックフライデー」はハロウィーンやクリスマスのようにいつか定着すると私は思います。

販売店だけではなく消費者もハッピーになれる「ブラックフライデー」。一時的な流行で終わらずに定着するといいですね!

Written By:

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *