in Airbnb海外情報

Airbnb 最新情報!民泊貸し出し日数が制限される

世界各国で民泊に関するニュースが毎日耳にするようになりました。今回Airbnbはヨーロッパ(英国ロンドンとオランダ・アムステルダム)の民泊ホスト達に対して民泊貸し出し日数を制限する方針を発表しました。

民泊貸し出しの上限はこちら:

ロンドン:年間90日まで
アムステルダム:年間60日まで

もし貸し出し日数が上記を超えた場合、Airbnbnのホストはシステム上自動的に制限がかかり、それ以上部屋を貸し出すことができなくなる、というシステムです。

いつから始まるのかが気になりますね。ロンドンは来年の春から、そしてアムステルダムでは来年1月から適用される予定だそうです。ちなみにロンドンのホストは一般的に年間50泊貸し出し、3500ユーロを稼いでいるとのこと。昨年ロンドンにもたらした経済効果は13億ユーロに及ぶとのことです!シェアリングエコノミーが浸透しているのでしょうね。

アムステルダムもシェアリングエコノミーはロンドン同様に先進的な取り組みをしています。他のヨーロッパの都市よりもいち早くAirbnbと協議を開始し、宿泊勢の徴収なども含めて積極的にホームシェアリングに携わっています。アムステルダムのホストは年間28泊を貸し出し、3800ユーロを稼いでいるとのこと。昨年アムステルダムにもたらした経済効果は3億8000万ユーロ。

ロンドンやアムステルダムでAirbnbが自治体と協議を進める理由は、民泊の普及によって通常のc忍耐物件の供給量が減り、賃料が高騰したため地元の人々が部屋を借りられなくなっているというクレームがあるそうです。地元に暮らす人々と穏便にビジネスをするには、互いに利益をもたらすシステムを作ることが必須なのです。

今回Airbnbがロンドンとアムステルダムの自治体とホームシェアリングの適正なルールを作るために調整したり協議を進めたことは今後モデルケースとなる可能性もあり、日本にも影響があるかもしれませんね。現段階でAirbnbが日本でも同じような方針を適用するかどうかは不明ですが、民泊新法が制定されて年間の営業日数上限が決められたタイミングであればもしかしたら同じ取り組みをするかもしれません。

これからもAirbnbの取り組みやルールに注目していきましょう。

▼facebookページ  (「いいね!」をクリックしてください^^)

https://www.facebook.com/TempGrab-1618447911779981/

Related Posts

Written By:

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *